2016年12月5日月曜日

12月5日 めがねさんとポケモンカードXY その①

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

もうすぐ、新シリーズ「ポケモンカード サン&ムーン」に突入ですね!!
新たなカード「ポケモンGX」の正体も少しずつ明らかになってきており、ポケモンカードの情勢がガラリと代わりそうです。
進化ポケモンがかなり重要になってきそうな様子なので、進化好きのめがねさんとしてはとても楽しみですo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o

ということで、今回はポケモンカードXYを、各弾のめがねさん的お気に入りカードとともに、振り返っていきたいと思います。



●XY1「コレクションX」「コレクションY」
新シリーズ突入ということで、やはり気になったのは新たなタイプであるフェアリータイプのポケモンでした。
そのなかでも特にお気に入りだったのが、プクリン(XY1)です。(公式リンク→
ワザ「パンプロピン」のユニークなワザ名を見て、とても使ってみたいと思いました。
また、絵もとてもかわいらしくて、オススメの一枚です。
 →めがねさんのデッキ紹介「パンプロピンと言ってみたい」(スタンダード、BW1~XY1)
「パンプロピン」は次の相手の番にワザを確実に使えなくする効果があり、入れ替え手段などがないとなかなか強力です。

●XY2「ワイルドブレイズ」
新シリーズ第2弾にして、めがねさんはあるポケモンと運命の出会いを果たすことになります(大げさ)。
そう、ヌメルゴン(XY2)ですね!!(公式リンク→
その愛くるしい姿に、めがねさんは一撃でメロメロになってしまいました(*´Д`*)
特性「ぬめぬめさいせい」は、エネルギーをトラッシュしてHPを回復(しかも自分の番に何度でも!)できるという、面白い効果です。
同じXY2で登場したミロカロス(XY2)の特性「エナジーグレイス」とも相性がよく、この組み合わせで愛用していました。
 →めがねさんのデッキ紹介「ぬめぬめヌメルゴンver.1.0」(スタンダード、BW1~XY2)
惜しむらくは、ヌメルゴンBREAKが登場しなかったことですね。
HPがさらに上昇すれば、「ぬめぬめさいせい」が本領発揮できたと思うのですが・・・(;≧▽≦)
他にも、相手のダメカンを自在に動かせるニャオニクス(XY2)も面白く、いくつかデッキを作って楽しみました。

●XY3「ライジングフィスト」
闘ポケモンがフィーチャーされたシリーズでしたね。
「サポート」のコルニの登場から、一気に闘ポケモンの使いやすさが増した印象です。
そんな中、めがねさんのお気に入りだったのは、MヘラクロスEX(XY3)でした。(公式リンク→
ワザ「ビッグバンホーン」は、ダメカンが乗るほどダメージが下がってしまうものの、最大「180」ダメージを与えられるロマンのあるワザでした。
いかに回復させて戦うかを考えるのが楽しかったですね。
デッキも、相性の良いカードが後々登場したこともあり、二つほど作ってみました。
 →ひがっちにて&めがねさんのデッキ紹介「不屈のカブトムシ伝説」(XY1~XY5、スタンダード)
 →めがねさんのデッキ紹介「ヘラクロス復活!?驚異のドラゴンパワー!!」(XY1~XY6、スタンダード)
この頃から、主にXYレギュレーションのデッキを組むようになりました。

●XY4「ファントムゲート」
M進化ルールを無視できる「ポケモンのどうぐ」である、ソウルリンクが初めて収録されました。
めがねさんの印象に残っているポケモンは、パンプジン(XY4)ですね。(公式リンク→
特性「ビッグぼっちゃ」は、草エネルギーがついていると最大HPが「200」になるというスゴイ効果です。
さらに、ワザ「ホラーノート」も、自分の手札が多いほどダメージが上がるというユニークなワザ。
ダーテング(XY2)の特性「はっぱドロー」で山札を引きまくり、「ホラーノート」で「200」ダメージ以上を叩き出したのは良い思い出です。
相手のNで一気に何もできなくなるのも、ご愛嬌ですね。
 →めがねさんのデッキ紹介「てんぐぼっちゃ!!」(スタンダード、XY1~XY4)

●XY5「タイダルストーム」「ガイアボルケーノ」
新たな能力「古代能力」が追加されました。
ユニークな能力もさることながら、カード全面の美麗なイラストも魅力的でしたね。
そんな中、ユニークさとイラストのかわいらしさを兼ね備えた、マリルリ[α](XY5)がお気に入りでした。(公式リンク→
古代能力「α回復」のおかげで、回復量がなんと2倍に。
さらに、ワザ「ひきしお」はマリルリ[α](XY5)にダメカンが乗るほどダメージが小さくなるので、回復との相性はバツグンです。
いかにマリルリ[α](XY5)が[きぜつ]してしまわないようにして、いかに回復させていくのかを考えるのが、とても面白かったです。
 →めがねさんの気になるカード考察 マリルリ[α](XY5) 後編

●XY6「エメラルドブレイク」
スタジアムのスカイフィールドで、テーブルに所狭しとベンチポケモンが並べられるようになったのが印象的でした。
めがねさん的にかなりお世話になったカードとしては、やっぱりデオキシス(XY6)を推したいですね。(公式リンク→
ワザ「ファーストコンタクト」は、先攻の自分の番の最初にも使え、山札を2枚引くことができます。
スタジアムの次元の谷が出ていれば、なんとエネルギーがついていなくても「ファーストコンタクト」を使えるため、とても強力です。
様々なデッキの展開役として、大いに活躍してくれました。
 →めがねさんのデッキ紹介「ソニック・ザ・ラティオス」(XY1~XY6、スタンダード)
 →めがねさんのデッキ紹介「ランクルないさ~」(スタンダード、XYレギュレーション)
 →めがねさんのデッキ紹介「かかあ天下」(スタンダード、XYレギュレーション)

●XY7「バンデッドリング」
表紙のフーパEX(XY7)の特性「バンデッドリング」により、M進化ポケモンをはじめとする「ポケモンEX」が断然使いやすくなりました。
そんな中、めがねさんの興味はヌメルゴン(XY7)にまっしぐらなのでした・・・(公式リンク→
ワザ「リキッドブロー」は、相手のポケモンの[にげる]エネルギーを参照し、ベンチポケモンも狙えるという、とてもとがった性能。
アクア団のベトベトン(CP1)マグマ団のアジトと組み合わせて、なかなか湿気の多いデッキとなりました。
 →ひがっちにて&デッキ紹介「ヌルベタ☆コラボレーション」(スタンダード、XY1~XY7)
他にもゴルーグ[θ](XY7)カイリキーEX(XY7)などは、いろんなコンボができて楽しかったです。


長くなってきたので、今回はこのへんで切りますね。
次にXY8シリーズ以降について、振り返ってみたいと思います。
でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿