2016年9月29日木曜日

9月29日 めがねさんのデッキ紹介「聞け!獅子の咆哮を!」(スタンダード、XYレギュレーション)

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

デッキ紹介祭り第8回、とくとご覧あれ~( ´∀`)



デッキ名「聞け!獅子の咆哮を!」(スタンダード、XYレギュレーション)
ポケモン:14
エネルギー:11
3 ガーディ(CP6)
3 ウインディ(CP6)
2 ウインディBREAK(XY-P)
3 ホワイトキュレム(XY10)
2 マナフィEX(XY9)
1 ドーブル(XY8)
6 基本炎エネルギー
5 基本水エネルギー
トレーナーズ:35
――<グッズ>――
4 ハイパーボール
1 レベルボール
2 はかせのてがみ
3 ダートじてんしゃ
1 すごいつりざお
3 バトルサーチャー
1 びっくりメガホン
2 あなぬけのヒモ
――<ポケモンのどうぐ>――
1 ちからのハチマキ
2 闘魂のまわし
――<スタジアム>――
3 灼熱の大地
――<サポート>――
4 プラターヌ博士
2 オダマキ博士の観察
2
2 鍛冶屋
1 フラダリ
1 ゴジカ

黄金の獅子って、かっこいいですよね。
ウインディはBREAK進化での黄金化が似合うポケモンの1体だと思います。
ちなみに、「ウ“ィ”ンディ」じゃなくて「ウ“イ”ンディ」だったんですね。
公式ホームページの検索で引っかからなくて、気がつきました。
今回まで知らなかった・・・(・◇・@)

ということで、ウインディBREAK(XY-P)ホワイトキュレム(XY10)を組み合わせたデッキです。(公式リンク→

ウインディBREAK(XY-P)のワザ「ターボフレイム」は、相手にダメージを与えながら、トラッシュから基本エネルギーを2枚、ベンチポケモン1体につけることができます。
攻撃とエネルギー加速を同時にこなす、便利なワザです。
ちょうど、MライボルトEX(XY3)のワザ「ターボボルト」と効果が一緒ですね。
こちらはEXでないポケモンなので、[きぜつ]してもサイドを1枚しか取られないのが強みです。

進化前のウインディ(CP6)もなかなか強力。
特性「バーニングロード」は、ベンチからバトル場に出るときに、自分の場の炎エネルギーを好きなだけウインディ(CP6)につけ直すことができます。
ワザ「しゃくねつのいぶき」はエネルギーが4個も必要ですが、「バーニングロード」のおかげで、一気にエネルギーを集められるので、使いやすいです。

「ターボフレイム」はトラッシュからのエネルギー加速であり、役割が鍛冶屋と重なってしまいます。
そこで、今回は炎タイプ以外のポケモンと組み合わせることにしました。
相性の良いポケモンとして、ホワイトキュレム(XY10)を選んでみました。
ワザ「もえるつらら」は、基本ダメージは「40」と控えめですが、自分に炎エネルギーがついているときは、相手のベンチポケモン2体にも「20」ダメージを与えることができます。
また、もう一つのワザ「ブリザードバーン」はエネルギー3個で「130」ダメージと、とても強力です。
これも、「ターボフレイム」でエネルギーを早くつけて、どんどん使っていきたいですね。

「しゃくねつのいぶき」「ブリザードバーン」ともに、次の番にワザを使えなくなってしまいます。
一旦自分のベンチに戻ることができれば、このワザの効果を消すことができます。
マナフィEX(XY9)の特性「アクアチューブ」が働いていれば、水エネルギーのついているポケモンの[にげる]エネルギーがなくなるので、ベンチへ戻りやすくなります。
また、ベンチとの交替は「バーニングロード」のチャンスを増やすことにもつながるので、一石二鳥ですね。

鍛冶屋を2枚入れていますが、使える対象がウインディBREAK(XY-P)の進化系だけなので、1枚でも良いかもしれません。
そのかわり、進化をサポートするようにミツルなどを入れても面白そうです。

でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿