2016年1月27日水曜日

1月27日 めがねさんのデッキ紹介「ばーにんぐすとーん」(スタンダード、XYレギュレーション)

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

今回は、最近お気に入りだったデッキを紹介したいと思います。

デッキ名「ばーにんぐすとーん」(スタンダード、XYレギュレーション)
ポケモン:14
エネルギー:13
4 ドンメル(XY9)
4 バクーダ(XY9)
2 ヘルガーEX(XY8)
4 アンノーン(XY7)
13 基本炎エネルギー
トレーナーズ:33
2 レベルボール
3 ヘビーボール
2 ポケモンキャッチャー
2 炎のトーチ
3 いたずらスコップ
3 バトルサーチャー
1 すごいつりざお
1 リザーブチケット
4 時のパズル
3 灼熱の大地
4 プラターヌ博士
4 鍛冶屋
1 フラダリ

デッキ名はコピー能力ミックスより。
ニンテンドー64、懐かしいですね( ;∀;)

めがねさんの気になるカード考察にて紹介した、バクーダ(XY9)を主役としたデッキです。
できるだけシンプルにまとめてみました。
バクーダ(XY9)のワザ「ふんか」は、お互いの山札の一番上のカードがエネルギーの場合、ダメージが大きくなるのが特徴です。

自分の山札の一番上のカードを操作するためには、時のパズルをメインで使っていきます。
時のパズルは2つの効果をもっており、1枚で使うと上の効果、同時に2枚使うと下の効果を使えます。
上の効果は、「自分の山札の上を3枚見て、並べ替える」というものです。
3枚のうち基本炎エネルギーがあれば、一番上にもってくることで確実に「ふんか」のダメージアップを狙えます。
また、先に上の1~2枚目に欲しいカードをもってきて、アンノーン(XY7)の特性「おきてがみ」や炎のトーチ灼熱の大地の効果で引いてくることもできます。
ここぞというときには、下の効果でトラッシュのカードを手札に戻すのも大事です。

相手の山札の一番上のカードを操作するためには、いたずらスコップを使います。
一番上のカードがエネルギーカードなら、そのまま置いておきましょう。
それ以外のカードならトラッシュしてしまい、次のカードに期待しましょう。

最初はバクーダ(XY9)アンノーン(XY7)のみでデッキを組んでいたのですが、途中でどうしてもバクーダ(XY9)のエネルギーが追いつかなくなりました。
なので、サブアタッカーとして、ヘルガーEX(XY8)を採用しました。
ワザ「グランドフレイム」は、相手に50ダメージを与え、さらにトラッシュから基本炎エネルギーを1枚ベンチポケモンにつけることができます。
「グランドフレイム」に必要なエネルギーは炎エネルギー2個なので、鍛冶屋ですぐに準備できます。
また、「ふんか」の最大ダメージは「200」であり、M進化ポケモンを[きぜつ]させるにはあと一歩届きません。
そこで、「グランドフレイム」でダメージを与え、次に「ふんか」でトドメを刺せるようにできます。

また、このデッキは鍛冶屋を毎ターン使うことが多く、他のサポートがなかなか使用できないため、ポケモンキャッチャーを採用しています。


とてもクセの強いデッキで、苦手なデッキも多いですが、独特の戦い方ができるのがとても面白いです。
特に、お互いハラハラしながら山札の一番上をめくるのが、最高に盛り上がります。
バクーダ(XY9)は他にも色々なポケモンやトレーナーズとの組み合わせがあると思うので、皆さんも考えてみてください。

でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿