2015年6月29日月曜日

6月29日 めがねさんのデッキ紹介「マッスルポイズン」(XY1~XY7、スタンダード)

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

新弾「バンデットリング」が発売されて早1週間ですが、みなさん新しいデッキは組めましたか?
ぼくも早く実戦投入したいのですが・・・
いかんせん仕事のせいで、ひがっちに行くことができません
う~、早く新しいカード使いたいよぅ( ;∀;)

さて、今回は新しく作ったデッキを紹介したいと思います。

デッキ名「マッスルポイズン」(XY1~XY7、スタンダード)
ポケモン:枚12
トレーナーズ:35
エネルギー:13
3 カイリキーEX(XY7)
3 イトマル(XY7)
2 アリアドス(XY7)
3 ランドロス(XY3)
1 ルチャブル(XY3)
2 ハイパーボール
2 レベルボール
2 ポケモンいれかえ
1 はかせのてがみ
1 せいなるはい
バトルコンプレッサー
バトルサーチャー
2 ダートじてんしゃ
2 トレーナーズポスト
3 きあいのタスキ
2 色の消えた町
1 サイレントラボ
4 プラターヌ博士
3 オダマキ博士の観察
3 コルニ
2 フラダリ
1 ポケモンセンターのお姉さん
ダイゴ
基本闘エネルギー
ストロングエネルギー
2 基本草エネルギー

「バンデットリング」に収録されている、カイリキーEX(XY7)アリアドス(XY7)を使ったコンボデッキです。

カイリキーEX(XY7)のワザ「クレイジーハンマー」は、基本は80ダメージですが、自分が特殊状態なら160ダメージを与え、さらに特殊状態を回復することができます。
エネルギー3個で使用できることを考えると、とても強力ですね。
相手から受けた特殊状態を回復しつつ、攻撃することができるので一石二鳥です。

しかしその一方で、特殊状態が回復されるため、160ダメージを連発することは難しいです。
それを解消するのが、パートナーのアリアドス(XY7)です。
アリアドス(XY7)の特性「どくのす」は、お互いのバトルポケモン(草ポケモン以外)を[どく]にする効果があります。
これでカイリキーEX(XY7)を[どく]にし、「クレイジーハンマー」のダメージアップが可能です。
しかも、「クレイジーハンマー」の効果で[どく]はすぐに回復するため、ポケモンチェックでカイリキーEX(XY7)が[どく]のダメージを受ける心配もありません。
さらに、相手が草ポケモンでなければ、[どく]のダメージも追加されるため、さらにダメージアップを狙えます。

「クレイジーハンマー」は、ストロングエネルギーも併用することでほとんどのEXポケモンを一撃で[きぜつ]させることができます。
しかし、M進化ポケモンの高いHPには、あと一歩届きません。
ファイティングスタジアムの効果を追加しても、ストロングエネルギー+[どく]ダメージで210ダメージが現実的です。
そこで、スタジアムは色の消えた町を入れてみました。
色の消えた町なら、次の自分の番までに、

  「クレイジーハンマー」の160ダメージ
 +ストロングエネルギーの20ダメージ
 +[どく]の20ダメージ
 +色の消えた町の40ダメージ

 =合計240ダメージ

となり、相手のM進化ポケモンにプレッシャーを与えることができます(≧▽≦)

カイリキーEX(XY7)のもう一つのワザ「おにギレ」もなかなか強力です。
自分にのっているダメカンの数×20ダメージなので、ダメカンが12個のっていれば、M進化ポケモンも含め、ほとんどのポケモンを一撃で[きぜつ]させることができます。

相手も、中途半端なダメージは与えず、一撃でカイリキーEX(XY7)の[きぜつ]を狙ってくるでしょう。
そこで、きあいのタスキの出番です。
きあいのタスキは、闘ポケモンのHPがまんたんの状態から[きぜつ]するとき、[きぜつ]せずにHP「10」で場に残るという効果があります。
340ダメージの「おにギレ」で反撃できるため、非常に強力です。
また、中途半端なダメージはポケモンセンターのお姉さんで回復し、まんたんの状態をキープしておきましょう。

理想的なのは、序盤に「クレイジーハンマー」、ダメージを受けた後は「おにギレ」で反撃、という流れです。
しかし、ワザに必要なエネルギーが、「クレイジーハンマー」には3個、「おにギレ」には2個となっており、使いたい順番と逆になっています。
このため、まず「クレイジーハンマー」を使えるようになるまで、カイリキーEX(XY7)をベンチで大切に育てたいところです。
必要なエネルギーを早くそろえるため、ランドロス(XY3)を採用しています。
序盤は積極的にランドロス(XY3)をバトル場に出し、ワザ「ちからのさけび」でカイリキーEX(XY7)を育てましょう。

ルチャブル(XY3)は、[にげる]ために必要なエネルギーが0個で使いやすく、またコルニでもってくることができるので、採用しています。
また、ルチャブル(XY3)をバトル場に出した状態でアリアドス(XY7)の「どくのす」を使用し、すぐに[にげる]でベンチポケモンと入れ替えることで、相手ポケモンだけを一方的に[どく]にすることもでき、相性バツグンです。

以上、新しいカードを使ったコンボデッキを紹介してみました。
特にアリアドス(XY7)は、特殊状態を利用する色々なデッキに組み合わせることができ、とても面白いポケモンだと思います。
相手も草ポケモンだと、相手を[どく]にすることができませんが、カイリキーEX(XY7)のように自分の特殊状態を利用できるポケモンなら問題ないですね。

次にひがっちポケモンカード大会に行けるのは7月11日になりそうです。
しかし、今週は7月2日の夜にちょっと顔を出せるかも?

でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

2 件のコメント:

  1. Naverにて初心者向けポケモンカード記事をまとめております、accelgorと申します。
    カイリキーEXの欄にてリンクさせていただきました。問題あるようでしたらご指摘いただけると助かります。

    ▼【ポケモンカード】バンデットリング(XY7)注目カードはこれだ!
    http://matome.naver.jp/odai/2143160993329993801

    返信削除
    返信
    1. >accelgorさん
      コメントありがとうございます!
      リンクは全然問題ないです!
      むしろ、こんな拙い記事で恐縮です(;≧▽≦)

      削除