2019年2月11日月曜日

2月11日 めがねさんのデッキ紹介「メルメタルのグルメ旅inアローラ」

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

今回は、最近作ったデッキを一つ紹介したいと思います。
前回のヤドラン(SM9b)デッキと同様、完全なファンデッキとなっておりますが、皆さんのストレージに眠ったポケモンを呼び覚ます一助となれば・・・!( ´∀`)
もちろん、「フルメタルウォール」新弾バトル対応です!



デッキ名「メルメタルのグルメ旅inアローラ」(スタンダードレギュレーション)

デッキコード【UXypyM-iQQUZh-M3SMpM】
ポケモン:17
エネルギー:12
3 メルタン(SM-P)
2 メルメタル(SM9b)
3 ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)
4 アローラディグダ(SM7a)
4 アローラダグトリオ(SM9b)
1 アローラサンドパン(SM-P)
5 基本鋼エネルギー
4 ダブル無色エネルギー
3 カウンターエネルギー
トレーナーズ:31
――<グッズ>――
3 ハイパーボール
4 ネストボール
2 タイマーボール
4 ポケギア3.0
――<ポケモンのどうぐ>――
3 鋼鉄のフライパン
――<スタジアム>――
2 戒めの祠
――<サポート>――
4 リーリエ
4 ハラ
2 グズマ
2 ルザミーネ
1 エーテル財団職員

「フルメタルウォール」収録のメルメタル(SM9b)を使ってみたくて、組んでみました。
特性「メタルイーター」は、自分の番に1回、手札の鋼ポケモンをトラッシュしてHPを「100」回復できるという、面白い効果があります。
回復好きのめがねさんとしては、大変そそられますね!(≧▽≦)
手札の鋼ポケモンがどれでも強化版きずぐすりになると思うと、メチャ強そうじゃないですか?

さて、回復ネタとなるといつも問題になるのが、「そもそも相手の攻撃に耐えられるか?」ということです。
一撃で[きぜつ]させられては、回復の旨味がまったくありませんからね。
メルメタル(SM9b)のHPは「150」と1進化ポケモンとしては高いほうですが、相手の一撃に耐え続けることは難しそうです。
そこで、相手から受けるダメージを減らす工夫が必要となりますが、鋼ポケモンであるおかげで、その手段は結構豊富にそろっています。

ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)のGXワザ「フルメタルウォールGX」
アローラダグトリオ(SM9b)の特性「ヘアーウォール」
・各種「ポケモンのどうぐ」:鋼鉄のフライパンメタルゴーグルメタルコアバリア

今回はこれらを組み合わせて、「-90」ダメージを目標としてみました。
これなら、「230」までのダメージなら1回耐えることができ、「190」ダメージを連発されても毎ターン「メタルイーター」で完全回復できる計算になります。

<基本的な流れ>
初めはルカリオ&メルメタルGX(SM9b)で「フルメタルウォールGX」を使うことを目指します。
その後は、そのままルカリオ&メルメタルGX(SM9b)で戦いつつ、ベンチにアローラダグトリオ(SM9b)メルメタル(SM9b)を育てていきます。
ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)が[きぜつ]させられた段階で、アローラダグトリオ(SM9b)2~3体、メルメタル(SM9b)1体が育っていれば、カンペキです。
あとは「メタルイーター」でもぐもぐしながら、ひたすらメルメタル(SM9b)で殴っていきましょう。

それでは、それぞれの採用カードについて説明します。

<ポケモン>
メルタン(SM-P)メルメタル(SM9b)
このデッキのメインアタッカーです。
しかし、実際に戦うのは中盤~終盤戦になるので、枚数は控えめです。
メルタン(SM-P)は、ワザ「ふえる」で次のメルタンを出せるプロモカードの方を採用しました。
序盤に倒されると進化できなくなってしまうので、3枚採用しました。
メルメタル(SM9b)は、最終的には1体で最後まで戦いきることを想定しており、1体育てられれば良いので、2枚採用です。

ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)
このデッキのサブアタッカー兼、守りの要です。
後攻の初めの番、もしくは先攻の2ターン目に「フルメタルウォールGX」を使えれば理想的です。
これで進化前のベンチポケモンがやられにくくなるだけでなく、ハラでたくさんのカードを引くことができるようになります。
一番スタートしたいポケモンですが、他のたねポケモンがすべて[にげる]に必要なエネルギーが1個であること、アローラディグダ(SM7a)のワザで出せること、後々は場に出さずに「メタルイーター」の食糧になるしかないこと、などの理由で、3枚に留めました。

アローラディグダ(SM7a)アローラダグトリオ(SM9b)
アローラディグダ(SM7a)のワザ「なかまをよぶ」は、なんとエネルギーなしでベンチに好きなたねポケモンを出せるという、超強力ワザです。
スタートポケモンがルカリオ&メルメタルGX(SM9b)でなくこちらであった場合は、基本的にルカリオ&メルメタルGX(SM9b)を呼んでくることになります。
アローラダグトリオ(SM9b)の「ヘアーウォール」は、自分の鋼ポケモンが受ける相手のワザのダメージを「-10」できます。
この効果はアローラダグトリオ(SM9b)の数だけ重なるので、3体出して「-30」することが、このデッキの目標となります。
3体育てるために、それぞれ4枚ずつのフル投入です。

アローラサンドパン(SM-P)
食べます。完全にもぐもぐ枠。
アローラダグトリオ(SM9b)を3体並べると、エーテル財団職員でトラッシュから回収できる食べ物アローラポケモンがアローラディグダ(SM9b)1枚とアローラダグトリオ(SM9b)1枚の、合計2枚だけになってしまいます。
これではちょっと勿体ないと思い、3枚目の回収先としてアローラサンドパン(SM-P)を入れてみました。
「なんで入ってるの!?」と言われること請け合いです(* ̄▽ ̄)オシャレ枠
さすがに1枚採用に留めました。

<グッズ>
・ボール系統
とにかくポケモンを並べる必要があるため、合計9枚と多めの採用です。
ハイパーボールは便利なものの、トラッシュを回収する手段がルザミーネエーテル財団職員しかなく、他にトラッシュを再利用するワザや特性もないため、3枚採用としました。
ネストボールは、進化元を早く並べる必要があるため、4枚フル投入です。
タイマーボールも、アローラダグトリオ(SM9b)を早く育てたいため、2枚採用しました。

ポケギア3.0
各種ダメージ軽減効果が働かないカプ・テテフGX(SM2L)の採用を見送ったため、代わりにポケギア3.0を採用しました。
序盤はリーリエ、GXワザ使用後はハラを持ってくることができれば、手札供給が安定します。
序盤から終盤まで使いたいので、4枚採用しました。

鋼鉄のフライパン
上記「ポケモンのどうぐ」の中からは、これを選びました。
理由は、やはり炎ポケモンが相手の場合にコンセプトが崩壊してしまうのが嫌だったからですね。
特性のダメカンを乗せる効果を防ぐメタルゴーグルも魅力的でしたが、特性だけで[きぜつ]させられることはなさそうなのと、結局特性を使われた後のワザのダメージは鋼鉄のフライパンでも防ぐことができるので、不採用としまいた。
メタルコアバリアはとても強力ですが、使い捨てであり、回収・再利用する手段を入れる余裕がなかったことから、こちらも不採用としました。
序盤のルカリオ&メルメタルGX(SM9b)に1枚、その後のメルメタル(SM9b)に1枚、予備に1枚で、計3枚採用です。

<スタジアム>
戒めの祠
メルメタル(SM9b)のワザ「ヘビーインパクト」はダメージが「130」とそれほど強くないため、ダメージ補強のために採用しました。
序盤のルカリオ&メルメタルGX(SM9b)が戦っている間は基本的に出しませんが、あと「10」ダメージで相手を[きぜつ]させられる場合は、迷わず出していきましょう。
こちらはそれ以降は基本的にルカリオ&メルメタルGX(SM9b)を出さずに戦っていくので、あまりデメリットにもなりません。
中盤以降に出すことが多いこと、ルザミーネで再利用できることを考え、2枚採用です。

<サポート>
リーリエハラ
初めの番はリーリエ、GXワザ使用後はハラが最強なので、4枚ずつ採用です。
特に序盤に「フルメタルウォールGX」を使うことは、ハラの手札供給を安定させるためにも、大変重要です。

グズマ
逃げやすいポケモンを採用していないことから、最小限の2枚採用としました。
本当はもう一枚くらい入れたいカードです。

ルザミーネ
終盤戦の詰めに使うサポートです。
ルザミーネエーテル財団職員ルザミーネを回収し続ければ、ダメージが届かないかぎり「メタルイーター」で完封することができます。
ルザミーネループを作るため、2枚採用しました。

・エーテル財団職員
料理長。
早めに[きぜつ]してしまったアローラダグトリオ(SM9b)の進化セットの回収や、「メタルイーター」の食糧調達を行います。
序盤はあまり使わないことと、ルザミーネで回収できることから、1枚だけ採用しました。

<エネルギー>
ダブル無色エネルギー
アタッカー2種にとても相性が良いので、4枚採用です。

カウンターエネルギー
ダブル無色エネルギーとこれを1枚ずつつけるだけで、メルメタル(SM9b)が「ヘビーインパクト」を使えるようになります。
エネルギー加速のないこのデッキにはとても重要です。
これがないと、ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)が攻撃しながらメルメタル(SM9b)のワザの準備が整うまでに、4ターン耐える必要が出てきます。
サイドが負けていないと効果がないですが、先にルカリオ&メルメタルGX(SM9b)が[きぜつ]してサイド先行されている場合が多いこと、そうでない場合はルカリオ&メルメタルGX(SM9b)が戦って4ターン耐えていることが多いこと、などの理由で、とくに問題はなさそうです。
早めに1枚は手札に持っておきたいことから、3枚採用しました。

基本鋼エネルギー
手札から滞りなくエネルギーを付けていくことが重要なので、5枚採用でエネルギー総数を12枚としました。

<採用したいけど見送ったカード>
フィールドブロアーザオボー
相手にも耐久されると、とても不毛な戦いになるため。
ルザミーネで回収できることから、ザオボーもけっこうアリなんじゃないかと思っています。
いっそビッケも入れて、エーテル財団デッキにしてみようか・・・(あまりゲームの設定はよく知らないのですが

メタルゴーグルメタルコアバリア
鋼鉄のフライパンの項を参照。

ムキムキパッド
これが一番悩んだカード。
メルメタル(SM9b)が、「フルメタルウォール」+「ヘアーウォール」×3込みで「250」ダメージまでを耐えることができるようになります。
しかし、ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)に対応していないのが、ネックなんですよね。
回復との相性を考えると、HP上昇よりもダメージ軽減を優先して、不採用としました。
鋼鉄のフライパンを1枚、これにしてもいいかも・・・(;≧▽≦)

<課題>
ルカリオ&メルメタルGX(SM9b)が[きぜつ]させられた後、ベンチポケモンをグズマで3回呼ばれて倒されると負けます!( ;∀;)
序盤に相手がグズマを1枚くらい切ってくれること、1枚くらいサイドに行っていることを祈りましょう。


以上、デッキ紹介でした。
ご意見・ご感想どしどしお願いします!
でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿