2018年4月25日水曜日

4月25日 めがねさんのデッキ紹介「いかりのホワイトキュレム」「だるまれんだん一発勝負!」

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

今日4月25日は、ちょうどポケモンセンターの20周年記念らしいですね。
なにやら20周年にちなんだキャンペーンもやっているようです。
特にプロモーションカードのシェイミ(SM-P)は、ランドフォルム好きのめがねさんとしては、ぜひともゲットしたいところです(`・ω・´)≡3

さて今回は、最近つかっていたデッキを紹介したいと思います。
サン・ムーン限定レギュレーションで、「ドラゴンストームフィーチャーバトル」にも対応した二つのデッキです。

デッキ名「いかりのホワイトキュレム」(サン・ムーン限定レギュレーション)
デッキコード【MyUXpM-kANSLm-22MpMR】
ポケモン:15
エネルギー:13
3 ホワイトキュレムGX(SM6a)
2 ジジーロン(SM6a)
3 チルット(SM6a)
3 チルタリス(SM6a)
1 オドリドリ(023/SM1+)
1 ヤレユータン(SM1M)
2 カプ・テテフGX(SM2L)
6 基本炎エネルギー
3 基本水エネルギー
4 レインボーエネルギー
トレーナーズ:32
――<グッズ>――
4 ハイパーボール
1 エネルギー回収
1 ポケモンいれかえ
1 フィールドブロアー
1 レスキュータンカ
3 おとりよせパッド
2 ミステリートレジャー
――<ポケモンのどうぐ>――
2 こだわりハチマキ
1 エスケープボード
――<スタジアム>――
2 喰いつくされた原野
――<サポート>――
3 リーリエ
2 イリマ
2 マーマネ
2 グズマ
2 シロナ
2 ヒガナ
1 ワタル◇

一つ目は、ホワイトキュレムGX(SM6a)を主役としたデッキです。
ワザ「いかりのやいば」は、基本ダメージは「80」ですが、ホワイトキュレムGX(SM6a)自身にダメカンがのっていると、「160」ダメージとなります。
エネルギー3個で使えるワザのダメージとしては、かなり強力ですね。
こだわりハチマキ喰いつくされた原野チルタリス(SM6a)なども絡めると「200」以上のダメージも狙えるので、1進化GXポケモンまでなら一撃での[きぜつ]も狙えます。
ダメカンは相手のワザを受けることでも乗りますが、相手も警戒して大ダメージワザ一撃での[きぜつ]を狙ってくることも多いです。
その場合は、レインボーエネルギーで自分から積極的にダメカンを乗せていくようにしましょう。
手札に基本エネルギー2枚、ヒガナレインボーエネルギーがそろっている状態なら、自分のポケモンが[きぜつ]させられた次の番に、一気に「いかりのやいば」の準備を整えられます。
基本エネルギーはオドリドリ(023/SM1+)の特性「バイタルダンス」やエネルギー回収で調達できます。
オドリドリ(023/SM1+)ミステリートレジャーでも持ってこられるので便利です。

ホワイトキュレムGX(SM6a)ジジーロン(SM6a)で戦っている間に、チルタリス(SM6a)も育てましょう。
特性「たたかいのうた」でドラゴンタイプのポケモンのワザのダメージを上げることができます。
ワタル◇の効果でも出すことができるので、チャンスがあれば積極的に狙っていきましょう。


デッキ名「だるまれんだん一発勝負!」(サン・ムーン限定レギュレーション)
デッキコード【SXpUyU-j4yVfo-pMpE2M】
ポケモン:16
エネルギー:13
2 レシラムGX(SM6a)
3 ダルマッカ(SM6a)
3 ヒヒダルマ(SM6a)
4 オドリドリ(SM1+)
1 ビクティニ(SM2K)
1 ビクティニ◇(SM6a)
2 カプ・テテフGX(SM2L)
11 基本炎エネルギー
2 カウンターエネルギー
トレーナーズ:31
―――<グッズ>―――
4 ハイパーボール
2 モンスターボール
3 ポケモンキャッチャー
2 おとりよせパッド
4 火打石
―――<ポケモンのどうぐ>―――
1 こだわりハチマキ
3 ねがいのバトン
―――<スタジアム>―――
2 日輪の祭壇
―――<サポート>―――
4 リーリエ
2 ククイ博士
1 ポケモンだいすきクラブ
3 カツラの一発勝負

二つ目は、レシラムGX(SM6a)ヒヒダルマ(SM6a)を組み合わせたデッキです。
また、影の主役として、カツラの一発勝負を採用しています。
コインを使ったカードも多いので、コイン好きにはオススメのデッキです(≧▽≦)

まず序盤は、レシラムGX(SM6a)のGXワザ「ヴァーミリオンGX」を使う準備をしましょう。
レシラムGX(SM6a)自身のワザ「ニトロチャージ」やヒヒダルマ(SM6a)のワザ「ヒートアシスト」で、必要なエネルギーをつけます。
最初の自分の番は、後述する理由からオドリドリ(SM1+)のワザ「じょうねつのダンス」を優先的に使いたいので、あえてサポートのカキは採用していません。
「ヴァーミリオンGX」でエネルギーをつけるポケモンは、次に戦うレシラムGX(SM6a)ヒヒダルマ(SM6a)を優先的に選びましょう。
エネルギーをつけたポケモンがグズマなどで狙い撃ちされたときのために、ねがいのバトンもつけておきたいところです。

火打石は、「ヴァーミリオンGX」や「ヒートアシスト」でつけるための基本炎エネルギーを一気に4枚持ってこられるため、とても重要です。
対戦中盤以降はあえて山札の基本炎エネルギーを持ってこずに手札のいらないカードをトラッシュできるので、カツラの一発勝負を使いやすくなります。

カツラの一発勝負は、手札がこのカードしかないときに使えないという厳しい制限がありますが、自分の場の炎ポケモンの数×2枚も山札を引くことができます。
炎ポケモンが5体出ていれば、なんと10枚も山札を引くことができます。
これはとても強力ですね。
序盤は、カツラの一発勝負でたくさん山札を引けるようにするために、オドリドリ(SM1+)の「じょうねつのダンス」やポケモンだいすきクラブを使って、できるだけベンチに炎ポケモンをたくさん並べたいところです。
また、カツラの一発勝負を使えるタイミングを増やすために、あえてグズマカキなどを採用せず、サポートを最小限にしています。
そのかわり、その場で使い切りやすいポケモンキャッチャーモンスターボールおとりよせパッドを採用しています。

カウンターエネルギーは、ヒヒダルマ(SM6a)が「ヒートアシスト」を使った後にも場に残っていたときにもう一つのワザ「だるまれんだん」を使えるようにしたり、終盤にビクティニ◇(SM6a)のワザ「インフィニティ」を使ったりするのに役立ちます。
「だるまれんだん」はコインを4回も投げる面白いワザで、ビクティニ(SM2K)の特性「しょうりのほし」でコインの振り直しもできるため、思わぬ大ダメージも狙えるかも?

スタジアムは、水デッキが多そうな「ドラゴンストームフィーチャーバトル」にあわせて、日輪の祭壇にしています。
レシラムGX(SM6a)のワザ「しゃくねつのはしら」の[やけど]でダメージをかせぐなら、[やけど]がコイン表でも治らなくなるヴェラ火山公園と入れ替えても良いでしょう。


以上、二つのデッキを紹介しました。
「ドラゴンストーム」に収録されている残りのポケモンGXを使ったデッキも作っているので、また機会があれば紹介したいと思います。
でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿