2016年4月16日土曜日

4月16日 ポケモンジムバトルinひがっち&デッキ紹介「天恵鳳凰」(スタンダード、XYレギュレーション)

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

4月16日は、新コンセプトパック「プレミアムチャンピオンパック EX×M×BREAK」が発売されましたね!!
今まで登場したカードの中から選りすぐりの強力カードが、キラカードになって帰ってきた!!
ということで、めがねさんも買いました。
狙いのソーナンスBREAK(CP4)もゲットできたので、また今度使ってみたいと思います。

さて、もちろんひがっちポケモンジムバトルも開催されましたよ~。
初めてひがっちに来てくれたお客さんも参加して頂き、感謝感激です(≧▽≦)

お互い闘デッキ対決ですね。
スリーブまで闘ポケモン同士で、なんとも暑苦しい戦いです(; ̄Д ̄)
序盤はジガルデEX(XYG)が持ち前の攻撃力と耐久力で猛威を振るいます。
・・・が、ガブリアス(XY9)が育ってからは流れが変わります。
ワザ「かみちぎる」は、相手がEXポケモンならエネルギーたった2個で160ダメージと強力!
もう一つのワザ「アサルトターボ」も、トラッシュの好きなエネルギー(特殊エネルギーも!)をベンチにつけられるため、途切れない攻めを展開できます。

こちらはMレックウザEX[Δ](XYD)がワザ「ガリョウテンセイ」を連発できる状態に。
オンバーン(XY3)の特性「エコロケーション」で粘ろうとしますが、コインウラで苦しい展開。
しかし、地道にワザ「ばくおんぱ」でダメカンを蓄積したところで、ニャオニクス(XY2)のワザ「みみであやつる」が炸裂。
エネルギーのついたポケモンを一気に[きぜつ]させていきました。

MレックウザEX(XYD)への対策として、特性「しんぴのまもり」をもつメレシー(XYG)、さらにそこからBREAK進化したメレシーBREAK(XYD)が立ちふさがります。
しかし、フラダリからの「ガリョウテンセイ」で、ベンチで育ったジガルデEX(XYG)を連続ノックアウト。
さらに、対メレシーBREAK(XYG)ではゼクロム(XYD)が良い仕事をしていました。

序盤からオンバーン(XY3)が「ばくおんぱ」で攻めます。
バシャーモEX(XY-P)で対抗しますが、ここぞというところで「エコロケーション」 に阻まれ、とどめを刺せません。
そのあいだに、ニャオニクス(XY2)の「みみであやつる」でバシャーモEX(XY-P)が[きぜつ]。
最後はエネルギーたっぷりのイベルタルEX(XY1)でフィニッシュ。

今日も熱い対戦で盛り上がりました。
みなさん参加ありがとうございます\(^ ^)/

ジムバトル後は、いつも通りフリー対戦も楽しみました。

最近、MタブンネEX(XYH)ばかり使っているように見えるめがねさん・・・(*´∀`*)ゞ
なんだか、やっとデッキが形になってきたような気がします。
新しくメレシーBREAK(XYG)への対策として入れたトルネロス(XY3)が、結構良い働きをしている気がします。
そろそろデッキレシピを上げても良いかも。

さて、今回は以前まで使っていたデッキを一つ紹介したいと思います。

デッキ名「天恵鳳凰」(スタンダード、XYレギュレーション)
ポケモン:14
エネルギー:14
3 ホウオウEX(XY9)
2 トゲピー(XY6)
2 トゲキッス(XY6)
2 トゲキッス[Δ](XY6)
2 ドーブル(XY8)
1 リーフィアEX(XY-P)
2 マナフィEX(XY9)
4 基本草エネルギー
2 基本炎エネルギー
4 基本水エネルギー
4 基本雷エネルギー
トレーナーズ:32
4 ハイパーボール
3 レベルボール
1 ポケモンいれかえ
1 エネルギーつけかえ
2 バトルサーチャー
2 すごいつりざお
2 退化スプレー
3 闘魂のまわし
2 色の消えた町
4 プラターヌ博士
2 サナ
2 オダマキ博士の観察
2 フラダリ
1 ダイゴ
1 サカキの計画

ホウオウEX(XY9)を主役としたデッキです。(公式リンク→
ワザ「エレメンタルフェザー」は、エネルギーたった3個でバトルポケモンに130ダメージ、ベンチポケモン1匹に30ダメージと、合計160ダメージも与えることができます。
しかし、問題はその必要なエネルギーのタイプです。
なんと、草・水・雷エネルギーをそれぞれ1個ずつ、計3個のエネルギーが必要です。
ダブル無色エネルギーの恩恵も受けられないため、スムーズにワザを使うには、なんらかのエネルギー加速手段が必要となります。

色々と試してみましたが、最終的にトゲキッス[Δ](XY6)をパートナーに選びました。
特性「てんのめぐみ」は進化したときに一度しか使えませんが、山札の上8枚の中の基本エネルギーを一気に場のポケモンにつけることができます。
古代能力「Δ進化」をもっているので、比較的早く進化できるのがポイントです。
また、復刻された退化スプレーとも相性バツグン。
「Δ進化」のおかげで、退化した番にすぐに進化し、「てんのめぐみ」を連発できます。

「てんのめぐみ」でたくさんエネルギーをつけるために、デッキのエネルギー枚数は14枚とやや多めにしています。
また、最初はトゲキッス[Δ](XY6)を早く進化させるために、進化セットを多めに入れていましたが、ボール系でもってくる方が山札の圧縮にもつながるため、今は少な目の構築にしています。

エネルギーのタイプが合わない場合には、ドーブル(XY8)の特性「かさねぬり」でうまく調整しましょう。
ホウオウEX(XY9)の特性「じょうかのほのお」を使いたいときは、基本炎エネルギーをつけて特性を使ってから、「かさねぬり」でワザに必要なエネルギーにつけかえましょう。
「じょうかのほのお」はHPを「50」も回復することができるので、闘魂のまわしとあわせて粘り強く戦いたいですね。

リーフィアEX(XY-P)は、水ポケモン対策に入れています。
基本草エネルギーの枚数が少な目ですが、ドーブル(XY8)の「かさねぬり」でうまく調節しましょう。

マナフィEX(XY9)は、特性「アクアチューブ」で水エネルギーがついているポケモンのにげるために必要なエネルギーをなくせます。
傷ついたホウオウEX(XY9)をベンチに下げて、「じょうかのほのお」で回復させましょう。
マナフィEX(XY9)はHPが「120」しかないので、相手に狙い撃ちされないよう注意が必要です。
余裕があれば、闘魂のまわしをつけて倒れにくくしたいです。

苦手な相手は、ベンチにダメージを与えられなくなるポケモンやトレーナーズですね。
例えば、バリヤード(XY8)ディアンシーEX(XYH)マウンテンリングなどです。
また、うねりの大海も、毎ターンHPを「30」回復されてしまうため、こちらのスタジアムで早く上書きしたいところです。
最近はEXポケモンからダメージを受けないメレシー(XYG)もいるので、オカルトマニアなどで対策したいところですね。

来週もひがっちに行けると思います。
またジムバトル・フリー対戦ともによろしくお願いします。
でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

2 件のコメント:

  1. 今日は対戦ありがとうございました。
    初めて大会に出て楽しかったです。
    またひがっちに行くと思うので対戦お願いします。
    このブログのデッキレシピも参考にさせて頂きます。

    返信削除
    返信
    1. >定さん
      こちらこそ、ありがとうございます!(≧▽≦)
      今後もよろしくお願いします。

      削除